収益物件としてどのような物件が理想的なのか?

現在不安定な金融市場を考えるとますます魅力的な投資となっているのが不動産です。そんな不動産投資を行うに当たりやはり大切なのは収益物件をしっかりと選ぶということです。
では、収益物件としてどのようなものが理想的なのでしょうか。

多くの人が迷うのが新築の物件にするか中古の物件にするかという点です。

新築物件というのはそれだけで付加価値になりますので、その地域のどうようの物件と比べても家賃を高く設定することができます。2回目以降に入居する人にとっては新築ではなくなってしまうので、付加価値がなくなり、家賃を高く設定してもなかなか部屋が埋まらないというデメリットもあります。
また、新築を購入するためには資金面でもゆとりが必要ですし、建築日数もかかるので投資したものを回収するために一定の時間が必要です。

一方で中古物件にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
やはり購入資金を抑えることができるという点です。また建築日数も必要ではありませんので、購入後にすぐに賃貸することができます。
中古物件でも築30年ほどたっていると水周りなどの設備が古く、リフォームが必要になってきますので余計に資金がかかってしまいますので注意が必要です。